痩せにくい体質は自分で作ってる?

痩せにくい体質の人は自分が原因になっているのか

現在ダイエットに挑戦している人は多くいるのではないでしょうか。そのなかで少しの食事制限や運動で簡単に痩せる人もいれば失敗に終わるという人もいるのではないでしょうか。その失敗の背景には痩せにくい体質を知らず知らずのうちに自分で作ってしまうことも考えられるようです。

 

ですのでその原因を知ることで太りにくい体質へと変えることができ、減量に成功することも可能となるようです。ここでは痩せることを諦めかけていた人や色々な方法で挑戦してきたものの長続きせずに終わったという人には必見となっていますよ!太るメカニズムを知ることであなたも痩せることができる可能性が期待できるとなっています。

 

《食事制限だけではダメ!大事なのは体質改善から!》

 

人はなにもすることなく、ただ寝ているだけで消費されるエネルギーがありそれを基礎代謝といいます。その代謝があがることで脂肪燃焼されることになりますが、それには筋肉も必要となります。普段適度な運動をしている人とまったくしていない人を比べてみると同じ量の食事をしたとしても脂肪のつきかたや体重の増加は変わることはわかっています。簡単に言ってしまえば代謝が低い人は太りやすいといってもよいのではないでしょうか。

 

そしていつもの生活のなかでは、大気汚染や紫外線、タバコの煙、ストレス、睡眠不足などによって身体の中には毒素が溜まってしまい基礎代謝が低下することとなってしまいます。そして身体の歪みによっても血行が悪くなり冷え性やむくみの原因ともなり最終的には代謝の低下とつながり太りやすい身体となっているようです。ですので自ずと痩せにくい体質へと自分で作ってしまっているという事でもあるようですね。

 

そこでその体質を改善することでダイエットに成功することができるのではないでしょうか。それにはまず基礎代謝のUPを目指さなければなりません。食事を少なくしたとしても消費されるエネルギーよりも多く取りすぎてしまえば痩せることは不可能となりますので、向上されることで消費されることが考えられます。

 

どうすればアップできる?それには有酸素運動を取り入れることで、脂肪が燃焼しやすくなりそして適度な筋肉をつけることで、向上が期待されるようになっています。ですので軽いストレッチから始め歪みや姿勢を正すことで老廃物の排出を促す効果もあり、時間のある時にはランニングやウォーキングなどおこなうことで効率はよくなります。代謝UPしたところで栄養管理された食事制限をすることでダイエットの成功が期待できるのではないでしょうか。